前へ
次へ

ファンデーションは外側へ薄く塗る

顔がたるむ原因の一つとして、ファンデーションなどの汚れが落ち切れていないということが良く上げられます。
なのであれば、ファンデーションをつける部分を最小限にするものテクニックの一つです。
そもそも、落とせていない場所は意外と顔のふちだったりします。
なので、スキンケアはすみずみまでつけても、化粧下地をはじめ、ファンデーションはすみずみまでつける必要はないのです。
下地もファンデーションもつけ方は同じです。
中から外へと塗っていきます。
そうすると自然に外側は薄くつくことになります。
その側の色が薄いと丸い立体感が生まれ、自然な感じになります。
この知識を知っていると美容への意識がより一層高まり、顔の中心部分だけでなく自分から見えにくい部分にも注意を払うようになります。

美容知識で不明なことはそのままにしない

毎日ちゃんとスキンケアを行っているのになんだか肌の調子がいつもよくないという人がいます。
それは正しいスキンケアができていない可能性があります。
例えば、高い化粧品だからといって使用量を減らしてみたり、力を入れてたたいたり、こすったりするなどがあります。
具体的な肌トラブルがわからないからいいものを使ったり、肌に成分を入れようと必死になってしまうこともあるかもしれません。
女性にとって美容は毎日のことで常に意識していないといけないことなので間違った知識でスキンケアをしていくのはもったいないです。
わからないことは美容部員などに相談したり肌の水分量などを定期的に測ったりして常に自分の肌状態を把握しておくことが綺麗な肌を維持し続ける方法の一つでもあります。

Page Top